ご 報 告

学園本部
「学園創立80周年」記念動画完成!

学校法人名古屋石田学園は、令和3年、「学園創立80周年」を迎えました。名古屋石田学園では、80周年を節目に記念動画を制作いたしました。是非ご覧ください。
80周年記念動画はこちらからご覧ください。

星城大学大学院
大学院生の学会優秀演題賞受賞

2021年10月に奈良県で開催された「第48回日本股関節学会学術集会」にて、星城大学大学院生の鈴木淳さんが見事、優秀演題賞を受賞しました。鈴木さんは「今回優秀演題賞を受賞できたことは非常に光栄に思います。これまで臨床を10年経験し、研究発表も毎年してきた中で初めて受賞できました。」と喜びを語ってくれたと同時に、研究するにあたり、星城大学大学院、名古屋整形外科・人工関節クリニック様の協力への感謝の気持ちも述べてくれました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城大学
「元気創造研究センター助成研究報告会」開催

3月8日(火)、「2021年度元気創造研究センター助成研究報告会」をオンラインで開催しました。今年度、センター助成研究採択者1名(星城大学リハビリテーション学部講師・林尊弘)およびスタートアップ助成研究採択者2名(経営学部准教授・岡室美恵子、リハビリテーション学部助教・竹内佳子)から成果報告があり、活発な質疑応答が行われました。元気創造研究センターは、こうした取り組みを通じて研究者を支援し、地域社会への貢献ならびに大学教育の発展・向上を目指します。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城大学
「日本語・日本文化研修」開催

2月26日(土)、海外提携校の皆さんと本学学生・教職員がオンラインで交流する「日本語・日本文化研修」を開催しました。研修には世界中から約70名の方にご参加いただき、本学の日本人学生・外国人留学生が日本文化や観光地を日本語で紹介した後、海外提携校の学生・教職員の皆さんや本学経営学部・留学生別科に入学予定の皆さんと日本語で交流をしました。本学と海外提携校の学生がオンラインで一つになり、心もつながりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城大学
中部経済新聞に経営学部教員の記事掲載

3月9日(火)、中部経済新聞「オープンカレッジ」に、伊藤春子准教授が「コロナ禍と外国人私費留学生」と題し、寄稿されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城高等学校
「WWW・SGH×探究甲子園」に出場

3月19日(土)、「WWW・SGH×探究甲子園2022」に、仰星コース2年生5名の生徒が参加しました。研究テーマは、『外国人市民の外国語学習』です。年々増加する豊明市の外国人市民、その子どもたちにターゲットを絞り、子どもたちがこの町で不自由なく生活していくために自分たちに何ができ、何をしなければならないか、という課題への取り組みについて発表しました。また、他校の発表も聞いて、日本に蔓延る課題とその現状をたくさん知ることもでき、大変有意義で貴重な経験となりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城高等学校
空手道部 真田杯

3月12日(土)・13日(日)、長野県立武道館にて、第1回真田杯争奪全国高等学校空手道錬成大会が行われました。コロナ禍、各種大会・遠征の中止が続く中での貴重な対外試合でした。当初の参加見込みから参加校が減ったものの、普段接しない相手との手合わせは大変有意義なものになりました。さらに、先日卒業した先輩方も応援に駆けつけてくれて、誰もが充実した時間を過ごすことができました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城高等学校
空手道部 阿賀神社参拝

3月8日(火)、星城高校空手道部が選抜(高校選抜空手道2022)を控え、恒例となった滋賀県阿賀神社への参拝に向かいました。あいにくの雨天となりましたが、雨にも負けず、本殿まで742段あるという階段を登り切りました。マスクを付け、傘をさしながらで、かなり辛い階段登りとなりましたが、励まし合って頂上へ到達しました。残念ながら、眼下の景色は霧に隠れていましたが、選抜での活躍を祈願することができ、気分は晴れやかになりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城高等学校
部活動 ボランティア清掃

3月2日(水)、学年末テストを終え、社会福祉協力校事業の一環としてボランティア清掃を実施しました。今年度最後となる今回の清掃には、多くの部活動から約100名という今年度最多人数での実施となりました。前半はソフトボール部とバドミントン部員が学校から前後駅までの通学路を、後半はサッカー部と男子バレーボール部員が学校から南風グラウンドまでを清掃しました。今年度も年間を通して多くの部活動が清掃奉仕に参加してくれました。今後もきれいな街づくりに貢献していきます。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城高等学校
空手道部 引退試合

2月25日(金)、碧南市臨海体育館にて、空手道部の引退試合を行いました。1・2年生にとっては先輩たちとの最後の団体戦。感動と興奮に笑いのテイストも合わさり、まさに星城の雰囲気をそのまま表したような引退試合でした。試合後の「3年生を送る会」では、手紙の交換等を行いました。少し前まで後輩たちと笑顔で試合をしていた3年生が、涙を流しながら手紙を読み、親に感謝の気持ちを伝える姿に、誰もが心を打たれました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城高等学校
卒業証書授与式

2月22日(火)、第57回卒業証書授与式が行われました。本年度も感染症対策のため工夫をして行いました。答辞では「卒業生の3年間の歩み」を聞いて、皆が感動しました。新型コロナの影響もあり、思い描いていた3年間とはならなかったでしょう。しかし、制限された生活だからこそ気づけたこともあったはずです。3年間で学んだことを胸に羽ばたいていってくれることでしょう。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。これからも健康で大いに活躍されることを教職員一同願っています。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城中学校
令和3年度 卒業式

3月17日(木)、第27回卒業式を執り行いました。3年間、生徒の皆さんのパワーを星城中学に注いでくれてありがとうございました。きっと皆さんは高校生になっても持続可能な発展ができることでしょう。これからも夢の実現に向かって頑張ってください。3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城中学校
SEIJOH SPEECH CONTEST

3月14日(月)、英語弁論大会を開催しました。10名の弁士がプレゼン部門、スピーチ部門に分かれ、日頃磨いている英語の能力を競いました。和菓子や日本アニメ、メディアリテラシーの重要性など、興味深い様々な話題が飛び出しました。審査員を務めていただいたウィレッツ先生とペテリック先生からご高評いただきました。弁士の皆さん、ありがとうございました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城中学校
「百人一首大会」開催

3月11日(金)、毎年恒例の「百人一首大会」が開催され、3学年全員がチームを組んで競いました。熱戦に次ぐ熱戦が繰り広げられ、激闘を見事制したのは3年生チームでした。「さすが3年生」と、初めて参加した1年生は尊敬のまなざしを向けていました。残念ながら決勝で敗れた2年生チームは、来年、後輩たちの前に立ちはだかる壁となってくれることでしょう。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城中学校
年度末の大掃除

3月10日(木)、年度末の大掃除を行いました。この1年間お世話になった教室などの学校施設を、隅々まで感謝の気持ちを込めながら清掃しました。来年度使用する後輩たちが、気持ちよく学校施設を使えるようにみんなで頑張りました。物を大切に使う心を育みながら、来年度も頑張っていきます。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城中学校
百人一首大会に向けて

本校では毎年、百人一首大会を行なっています。今年も感染対策を徹底し、3月11日(金)に開催します。いよいよ練習が始まりました。生徒一人ひとりが感染対策に協力してくれるからこそ、今年も開催することができます。各自ハンカチを用意したり、学校で用意した手袋を着用したりと対策は万全です。誰もが無事に百人一首大会を開催できるよう願っています。
詳しくはこちらをご覧ください。

星城中学校
中学最後のお弁当

3月4日(金)は、3年生にとって最後の「お弁当の日」でした。サプライズ企画で、保護者の皆さまにお弁当の中へ「卒業メッセージ」を書いた手紙を入れてくださいとお願いしていました。生徒たちは手紙を見つけてびっくり。中には感極まっている様子の生徒もいました。その後、生徒たちは保護者へ感謝の気持ちを伝える手紙を書きました。保護者の皆さま、ご協力ありがとうございました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星の城幼稚園
「卒園式」

桜のつぼみも大きく膨らんできました。3月15日(火)は「卒園式」、新しい旅立ちの時がやってきました。みんなで手をつないで、たくさんの思い出をつくりました。小学校でもみんなが「はい・ありがとう・ごめんなさい」の言葉を忘れず、楽しい生活を送ってくれることでしょう。コロナ禍、子どもたちは多くのことを学び、たくましく大きく成長しました。保護者の皆さま、3年間ありがとうございました。
詳しくはこちらをご覧ください。

星の城幼稚園
豆まき

2月3日(木)、今日は「節分」です。季節の変わり目は、邪気が入りやすいと考えられていたため、鬼を払う行事が生まれたそうです。園庭に鬼が現れると、子どもたちは「おにはそと!ふくはうち!」と声を出しながら、災いを追い払いました。コロナに負けず「健康で幸せになりますように!」と願いを込めて豆まきしました。
詳しくはこちらをご覧ください。

専門学校星城大学リハビリテーション学院
シリーズ投稿「在校生に聞いてみた!」

今回は、高校卒業後、星城リハ学院へ進学したデイライトコース2年の松本圭祐さんに取材しました。前編の今回は、理学療法士を目指すきっかけや学校生活について聞くことができました。ぜひ最後までご覧ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

専門学校星城大学リハビリテーション学院
シリーズ投稿「在校生に聞いてみた!」

前回に引き続き、トワイライトコース1年の岡田真奈さんにお話を聞きました。高校卒業後、トワイライトコースへの進学を決めた理由、今後の目標などについて教えてくれました。
詳しくはこちらをご覧ください。

専門学校星城大学リハビリテーション学院
シリーズ投稿「在校生に聞いてみた!」

今回は、トワイライトコース1年の岡田真奈さんに取材しました。高校卒業後、星城リハ学院へ進学した岡田さん。今回の前編では、理学療法士を目指すきっかけや授業の感想、勉強方法などについて聞いてみました。
詳しくはこちらをご覧ください。

専門学校星城大学リハビリテーション学院
シリーズ投稿「理学療法士に聞いてみた!」

前回に引き続き、担任の先生に取材しました。今回は、トワイライトコース1年の担任、三宅わか子先生です。この1年で見られた学生たちの成長ぶりや、受験生のみなさんへのエールなどが聞けました。ぜひ入学後を想像しながら読んでみてください。
詳しくはこちらをご覧ください。

専門学校星城大学リハビリテーション学院
シリーズ投稿「理学療法士に聞いてみた!」

今年度も残りわずかということで、担任の先生方に取材して、今年入学した1年生の学生たちの様子について伺いました。1年生の日々の様子や、受験生の皆さんへのエールなど、見どころ盛りだくさんです。今回は、デイライトコース1年の担任、水上志帆先生です。
詳しくはこちらをご覧ください。